読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

colorfulnote

アメリカ生活 本 旅 英語

日本一チャーミングな図書館を訪ねて

図書館 旅行

f:id:colorfulnote:20170314102633j:image

 
ずっと前から気になっていた図書館があります。

長野県小布施町の「まちとしょテラソ」。
2011年にはライブラリーオブザイヤー賞を受賞し、トリップアドバイザーの「死ぬまでに行ってみたい世界の図書館15」にも選ばれた図書館です。
この間、ついに訪ねることができました!
 
4年前、大阪のブックイベントで当時館長をされていた花井裕一郎さんのお話を聞いたことがきっかけで知ったこの図書館。
おしゃれな外観ももちろんですが、その使われ方に特徴があります。
 
図書館は静かに本を読む場所、という従来の概念とは異なる、「交流と創造を楽しむ、文化の拠点」というコンセプトをもとにした場づくり。
図書館に流れるBGM、本棚の中に配置されたさまざまな種類の椅子、遊び心のある展示物からも、親しみやすい場づくりをしていることが感じられました。
 
企画棚では「テラソ百選」として、テーマに沿った本が展示されています。
ちなみに、今月のテーマは「恋を読む」。(過去には、一回も借りられたことのない「かわいそうな本」がテーマになったこともあるんだとか!)

アーティストを招いての部活動「テラソ美術部」や、「一箱古本市」なども開催されています。
小布施町に住んでいる人がうらやましくなるほど、魅力的な取り組みをされていました。
 
私が図書館司書資格を取得した理由の一つに、「生涯学習に携わりたい」という思いがあります。
「生涯学習」は、「人が生涯にわたり学び・学習の活動を続けていくこと」を意味します。

会社に入って働き始めても、年をとって定年しても、新しい興味を見つけて、一緒に学ぶ仲間ができたら、いつも新鮮な気持ちで毎日を送れるんじゃないかなぁと思うんです。
そんな場づくりを図書館でできたら…と思って勉強を始めたのですが、「まちとしょテラソ」はそのイメージどおりの場所でした。
 
図書館がきっかけで訪れた小布施町ですが、観光しているうちに町全体も好きになりました。
 
小布施町に車で向かう中、まず出会ったのは菜の花と桜でいっぱいの河川敷。
そして、瓦屋根の昔ながらの家屋が建ち並ぶ街並みでした。
 
f:id:colorfulnote:20170314102720j:image
 
栗スイーツで有名な小布施ですが、それ以外にも見所はたくさん。
小布施出身の画家・中島千波さんの美術館で絵画を楽しんだり、個人宅のオープンガーデンを見ながら散歩を楽しんだり。

かわいらしい教会もありました。
 
f:id:colorfulnote:20170314102814j:image
 
また、「スワロー亭」という素敵な本屋さん&ライブラリーにも出会えました。
音楽・宗教・哲学・詩集などの本が並び、座ってゆっくり本を読めるスペースもありました。
小布施の出版社から出されている本も並んでいました。
 
f:id:colorfulnote:20170314102853j:image
 
泊ったゲストハウスの方の「小布施は小さい町だけど、みんなが工夫して文化を作り、楽しんでいる」という言葉が、まさに小布施町を表していました。
図書館を訪ねる旅、また企画したいと思います。
 
f:id:colorfulnote:20170314102932j:image
 
***
 
At the end of April, I visited "Machi Tosho Terrasow" in Obuse-cho,Nagano Pref.
 
"Machi Tosho Terrasow" is the library which was commended as "Library of the year 2011",and selected as "15 Libraries in bucket list of trip adviser".
 
This library's concept is "The cultural hub for enjoying interaction and creation."
I felt that it creates cozy atmosphere with background music, many good design resting places,and display items.
It was ideal place for moving ahead on lifelong studies.
 
I also enjoyed Obuse-cho itself.
There are a lot of private flower gardens,beautiful museums,unique bookstores and so on.
 
The owner of guesthouse where I stayed said "Although Obuse-cho is small town, everyone creates and enjoys cultures with making efforts".
I came to like this town.
 
I want to plan trips for visiting attractive libraries again.