読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

colorfulnote

アメリカ生活 本 旅 英語

言葉に触れる夜@葉ね文庫

f:id:colorfulnote:20170314081415j:image

 
先日、大阪・中崎町にある短歌・俳句・詩集の本屋「葉ね文庫」さんに行ってきました。
 
高校の頃、加藤千恵さんの短歌集「ハッピーアイスクリーム」に気持ちを見透かされたような気がして衝撃を受けてから、短歌はずっと身近な存在です。
5・7・5・7・7のたった31音だからこそ、表現の幅広さや、読み手に残された余白を楽しむことができます。
 
ただ、短歌や詩は大型書店でも小さくまとめられていることが多くて、なかなか読みたい本に出会えないこともあります。
なので、「葉ね文庫」さんの存在を知って本当に嬉しかったです♩
 
中崎町から歩くこと3分、レトロな「サクラビル」の1階に葉ね文庫さんはあります。
 
f:id:colorfulnote:20170314081454j:image
 
素敵な看板に、期待も膨らみます。
 
f:id:colorfulnote:20170314081530j:image
 
学校の教室のような入り口には、言葉がちりばめられていました。
靴を脱いで、中に入ります。
 
f:id:colorfulnote:20170314081623j:image
 
見事に短歌や詩だらけの本棚。
頭ではなく、感覚で言葉に触れられる空間に、気がつけば長い時間が過ぎていました。
 
壁の絵は、知り合いの画家さんが葉ね文庫さんの床を「空飛ぶじゅうたん」に見立てて、そこから見える風景を描いてくれたんだとか。
天井から吊るされていたリトルプレスやオブジェが、不思議でドリーミーな雰囲気を作っていました。
 
柔らかい雰囲気の店主さんもとても素敵な方でした*
「本屋さんをしたいと口に出したら、不思議と助けてくれる人が集まってきた」という話が印象的でした。
 
仕事を終えて、ふらっと寄り道すると、美術館に行ったような、遠くまで旅したような、そんな気分にさせてくれる本屋さんです。
 
***
"Hane Bunko" is book store located near to Nakazaki-cho station.
The book selection specializes in tanka, haiku, and poems.
 
Tanka is Japanese poem of thirty-one syllables.
I really love Tanka because of its variety of expression and space for imagination.
 
We can spend comfortable time at the store with enjoying beautiful Japanese words.
Its Interior design is so cute and dreamy.
I feel like I'm in museum or different city at this book store.