読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

colorfulnote

アメリカ生活 本 旅 英語

コンセプトライフ

f:id:colorfulnote:20170314063957j:image

 
今、「コンセプトライフ」という本をテーマにしたブックイベントを企画しています。
 
読みやすい本なのに、心に響く箇所がたくさんあって、イベント中のワークショップのアイデアもどんどん広がっています。
 
本の冒頭に、「大好きな世界のど真ん中に、自分自身を置いてみる。そこから、どんな景色が見えるか?」というフレーズがあります。
 
「大好きな世界」って何だろう?と考えた時、最初にイメージしたのは、「好奇心を広げてくれる本がたくさんある空間」。
 
高校まで北海道の小さな町に住んでいて、今みたくインターネットも普及しきっていなかった当時、私にとっては図書館が情報の宝庫でした。
 
旅行記を読んで遠い国の様子を想像したり、小説を読んで大人の女性の振舞い方に憧れたり。
友達との関係に悩んで心理学の本を読んでみたり、思いっきり違う世界に入り込みたくてミステリーを読んでみたり。
2週間に1回、図書館へ行くたびに静かにワクワクしていました。
 
大人になった今も、思いがけない本との出会いが、自分の世界を少し広げてくれるように感じています。
 
次にイメージしたのは、「前向きな話題であふれかえる空間」。
 
友だちとの何気ないおしゃべりはすごく楽しいし、欠かせないもの。
 
恋愛の話や、仕事で大変だったこと…などなど話題はつきませんが、中でも楽しいのは、「これから何をしたいか、どんな風になりたいか」という話かなと思っています。
就職活動をしていたころは、毎日のようにそんなことを話していたのに、大人になると何だか恥ずかしさも手伝って話しにくかったりします。
 
でも、読んだ本の話をきっかけにすれば、自分の普段思っていることもリラックスして話せるような気がしています。
 
小さなイベントではありますが、そんな空間を作れるように準備していきたいと思います♪ 
 
***
I'm planning a book event about "Concept Life" on February 28.
 
"Concept life" is a book which has so many fantastic phrases.
I want to create space filled with inspiring books and positive topics of conversation in this event.
 
Although it's a small event,but I'll make efforts for making such space!