読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

colorfulnote

アメリカ生活 本 旅 英語

台湾の本屋さん

台湾 旅行

f:id:colorfulnote:20170314063403j:image

 
台湾に行ったら、絶対に行きたい場所がありました。
それは「VVG Something」と「誠品書店」という本屋さん。
 
f:id:colorfulnote:20170314063446j:image

VVG Somethingは、「世界で最も美しい書店」にも選ばれたお店。
忠孝敦化駅周辺の、雑貨屋やカフェが立ち並ぶエリアの路地裏にひっそりとあります。
緑に囲まれた入口を抜けて、かわいらしい赤い扉を開けると、アートや暮らしに関する本がぎっしり。
中国・日本・英語圏の垣根がない本棚を見ていると、オーナーさんが1冊1冊丁寧に選書している様子が浮かんできました。
「暮しの手帖」や「ku:nel」などの雑誌もたくさん置いてあって、何だか嬉しくなりました!

f:id:colorfulnote:20170314063528j:image
 
VVGは本屋だけでなく、ビストロやゲストハウス、手芸屋さんも手がけているそう。
どの空間に行っても、何かいいこと・新鮮なものに出会えそうな気がします。
次に台湾に行く時には、VVG巡りをしてみたいです♪

誠品書店敦南店は、台湾初の24時間書店。
 
f:id:colorfulnote:20170314063657j:image

こちらは、1つのビルの中に文具・雑貨店、カフェやレストラン、CDショップなどがフロアごとに分かれて配置されています。
たくさんの本達や、誠品書店のセンスで選ばれたお店を見るのが楽しくて、1泊2日の旅行なのに、1日の大半をここで過ごしました。
 
「読者へ空間を解放する」というコンセプトがあるみたいで、そのとおりみんな床に座って思い思いに読書を楽しんでいました。

ここでは、ほとんどの本は中国語でしたが、日本作家の棚もすごく充実していました。
村上春樹さん・伊坂幸太郎さんなど人気作家さんの小説たちはもちろん、松浦弥太郎さんのエッセイや、田中正人さんの哲学用語図鑑も平積みにされていました。
ファッション雑誌も、ざっと20種類はあって、改めて日本への関心の高さを感じました。

海外でも国内でも、旅先でつい立ち寄ってしまう本屋さん。
次はどんな街でどんな本に出会えるか、今から楽しみです。

***

I visited "VVG something" and "Eslitebooks" in Taipei.

Both of them have interesting book and general goods selections.
Their book selections told me Taiwanese interests about Japan.
They offer us intellectual and cozy spaces for reading books.

I like their concepts.
-very very good something
-release cozy spaces for readers

If I have a chance to go on a trip to Taiwan, I want to visit B&B and restaurants produced by them.