colorfulnote

アメリカ生活 本 旅 英語

働くこと、働かないこと。


f:id:colorfulnote:20170314101640j:image

 

今、夫の転勤の関係で一時的に仕事から離れています。
 
私は、基本的には働くことが好きで、職場がきっかけで出会える人がいて、学べることもたくさんあって、その上お金ももらえるということでいいことづくしだと思っています。
なので、住む場所や家族構成が変わっても働き続けたいなぁと思っているんですが、反面、働いていない時期に何となくモヤモヤしてしまうこともあります。
 
でも、せっかくなら働いていない時間も120パーセント楽しみたいな、と思っていた頃に出会ったこの本。
 
f:id:colorfulnote:20170314101732j:image
 
「働かないってワクワクしない?」
インパクト大なタイトルと装丁。
 
おそらくいつもだったら手に取っていない感じの本なのですが、最近お気に入りのブックカフェ「マルノウチリーディングスタイル」で平積みにされていたので、読んでみることにしました。
 
結論から言うと、すごくよかったです!
新しい価値観に気づかせてくれて、それを自分の日常に取り入れられるようなヒントがちりばめられています。
 
仕事をやめて、毎日が休日になると、最初はいいもののだんだん退屈になっていく…というのが私の長期休暇のパターンだったのですが、実はやりたいことっていくらでもあるなぁと気づかせてくれたのが、この本で紹介されていたアイデア・ツリー。
 
f:id:colorfulnote:20170314101826j:image
 
「以前夢中になっていたこと」「今夢中になっていること」「これから始めたいこと」「健康のために続けたいこと」という区切りで書き出してみると出てくる出てくる。

さらに、著者からも丁寧に200種類もの自由時間に楽しめる活動が紹介されています。
 
自己紹介をするとき、どうしても職業や会社を最初にいうことが多いような気がします。
ということは、気づかないうちに、自分のアイデンティティの大部分を仕事が占めているということ。
それは必ずしも悪いことではないけれど、仕事をしていない部分にも自分を表すキーワードはたくさんあるはず。
 
アイデア・ツリーをきっかけに、自分のキーワードを自覚して活かすことができれば、豊富な自由時間を、不安な気持ちではなく「今日はこれをしよう!」と前のめりで過ごせるな、と思いました。
 
その他にも、
 
・日課をつくり、前向きなコミュニティに参加することで生活のリズムを保つこと
・能動的な活動と受動的な活動を保つこと
・今、この瞬間に集中すること
・過程そのものを楽しむこと
 
などについて、読者ができるワークも交えながらわかりやすく書かれていました。
 
今仕事をしていない人、長期休暇をとっている人はもちろん、自分のライフスタイルを見直したい人、自由時間をもっと楽しみたい人にもおすすめの1冊です。
 
***
 
Recently I read 「The Joy of Not Working」written by Ernie J.Zelinski.
 
This book introduces many tips for finding your identity and enjoying your freetime with passion.
 
I really like "Idea Tree"work which is recommended in this book.
It tells us many ways to spend good time with activity that we can connected with our keywords.
 
If you have much free time,or you want to review your lifestyle, this book should be on your 'must read' list.

Why books?

f:id:colorfulnote:20170314064929j:image

 
関東に来て2週間。
あちこちで咲き始めた桜を楽しみながら、行ってみたかった本屋さんやイベントを巡っている毎日です。
周りから呆れられてしまうくらい、気がつけば本屋さんに立ち寄ってしまっています^ ^
 
今日は、なぜ本が好きなのか、本を軸にしたイベントがしたいのかを書きたいと思います。
 
私は、言葉の力は、毎日をもっと楽しくしてくれると思っています。
 
例えば、私の好きな作家・田辺聖子さんの本の中に、こんな言葉があります。
 
「灯のついた町は、雨というセロファンに包まれて、キャンデーのかたまりみたいにキラキラしている」
 
この言葉を初めて読んだ時、憂鬱な雨の夕暮れをこんな風に表すことができるんだ、とハッとしました。
仕事の帰り道に雨が降っていても、この言葉を思い出すと何だか楽しい気分になって、足取りも軽くなります。
 
知らなくてもいいけど、知っていると少し楽しい気分になれること。
そんなことが、本にはたくさん詰まっています♩
そして、好きな本や言葉を人とシェアできたら、楽しさはもっと広がって行くと思います。
 
関東に来たばかりですが、こちらでも、本の楽しさを感じられるイベントを企画していきたいと思います!
 
***
 
Beautiful words always make our life more pleasant.
I'm very glad if I can make good opportunity for people to meet favorite books and words♩

Something Starts From Here

f:id:colorfulnote:20170314101306j:image

 

急に夫が転勤になり、先週末関東に引っ越してきました。


仕事にも慣れて、色々なつながりから友人も増えて、やりたいことも見つかって…という中だったので、5年間住んだ関西を離れるのはとても寂しかったです。
でも、英語の勉強やこのブログを始めたのは、どこに行っても自分の軸を持って行動できるように、という気持ちからだったので、その気持ちを実行していきたいです。
このタイミングで関東に移動してきたのにも、何かきっと意味があるんだろうなと思っています。

写真は東京へ向かう新幹線の中で読んでいたリトルプレス「SOMETHING STARTS FROM HERE」。3年ほど前に倉敷で見つけた、お気に入りの一冊です。その中から、今にぴったりの言葉を見つけました。

「どこでどんな環境に飛び込んでも変わらない好きなこと、やりたいこと、わくわくすることって?それを育ってて、時間を割き、たっぷり味わうと、自分があたたまる。」

引っ越しも終わって、本棚にお気に入りの本を並べたら、何だか気持ちが落ち着いてきました。
近くを散策すると、広くて日差しが気持ちいい図書館と、おいしいタイ料理屋さんを発見!
こんな風に少しずつ新しい環境を好きになっていきたいです。

確定ではありませんが、8月にはもう一度転勤になりそうなので、この3ヶ月の間にしたいことを書きとめておきます!
 
f:id:colorfulnote:20170314101352j:image

【@東京】

*BOOK PICNICをする!
お気に入りの本とスイーツを持ち寄って、気持ちいい季節を味わいたいです。

*Share the favoritesをする!
英語でお気に入りの物やことをシェアしあうイベントがしてみたいです。
前の会社でみんなで英会話をしていたことがあったんですが、英語を使うとすごく心がオープンになって気持ちいいので。

*本屋さん巡り
少し調べただけでも、面白そうな本屋さんがわんさか。
 気になっているのは…
 ・かもめブックス(神楽坂)
 ・title(荻窪)
 ・B&B(下北沢)
 ・クラリスブックス(下北沢)
 ・森の図書室(渋谷)
 ・サニーボーイブックス(学芸大学)
 ・ブックスルーエ(吉祥寺)
 ・青と夜ノ空(吉祥寺)
 ・百年(吉祥寺)
 ・音と言葉"ヘイデンブックス"(青山)
 ・松庵文庫(西荻窪)
 ・エクスリブリス(清澄白河)
 ・MOUNT ZINE Shop(目黒)
 ・オーエフアールトウキョウ(中目黒)
 ・nostosbooks(松陰神社前)
 ・ブルーブックスカフェ(自由が丘)

*外国人向けのはとバスに乗る
通訳案内士に興味があるので、どんな場所をどんな風に紹介しているか直接聞きたいです。

*美術館巡り
 ・東京都庭園美術館
 ・原美術館
 ・近代美術館・葉山

*多様な働き方に触れて、キャリアを考える
特にパラレルキャリアをされている方、英語を活かして働かれている方のお話を聞いて、自分に取り入れていきたいです。
来月は、「Share your story」というイベントに参加予定です。

*清澄白河でカフェ巡り

*大学の講義に通う
せっかく働いていない期間なので、大学の短期講座で学んでみたいです。
ワークショップや日本文化について、講義を探そうと思います!
 
f:id:colorfulnote:20170314101433j:image

【@北海道】

*料理を学ぶ
この年になって、母や祖母と台所に立ったことが皆無なので、一緒に料理して基礎を学びたいです。

*自然を満喫する
北海道の初夏は最高に気持ちがいいので。美瑛のラベンダー畑をサイクリングしたい!

*英語ボランティアをする
地元は海外の観光客が多いので、何かできたらいいなと思っています。

*英語の基礎固め
英会話をしていて、文法の知識があやふやだと感じていたので、この機会に学びなおします。
地元はカフェも図書館も混んでいなくて快適なので、ゆっくり勉強できそうです。

【@その他】

*小布施に行く
長野県の小布施は、地域の特性を活かした街づくりや図書館「まちとしょテラソ」で有名な街。
東京から1時間半ほどで行けるので、1人旅をして、地元の方とお話してみたいです。

時間があることを当たり前だと思わずに、日々大切に過ごしていきたいと思います。

***

I have moved from Kobe to Chiba last week.

Although I miss many things of friends and work in Kansai, I appreciate this chance I can stay Kanto area three monthes.

I have a lot of ambicious during three monthes!
I live the best life day by day♪

ブックイベント

f:id:colorfulnote:20170314083659j:image

 

2/28(日)に、ブックイベント『#本はトモダチ』を開催しました!

本は1人で読んでも楽しいけど、好きなフレーズや感想をシェアしたり、本についてゆるく語れる場所があったらもっと楽しそう!そこからつながりも生まれたらいいな〜と思って企画したこのイベント。
当日は、6名の方に参加いただきました♩

会場は、梅田グランフロントのスーホルムカフェ。
朝の光が差し込んで、開放的な雰囲気でした。

 
f:id:colorfulnote:20170314083726j:image

まずは自己紹介&おすすめの本の紹介。
本を選んだ理由や、印象に残った言葉など話してもらうことで、より深く参加者の方々のことが理解できた気がします♩

好きな作家さんが一緒の人がいたり、他の人のおすすめ本を持っている人がいたりと、自己紹介から盛り上がりました*

今回紹介されたのはこちらの本たち。
短歌集やエッセイ、哲学本に児童文学など幅広い本が集まりました。

f:id:colorfulnote:20170314083808j:image

f:id:colorfulnote:20170314083830j:image

自己紹介の後は、今回のテーマ本『コンセプトライフ』からヒントを得たワークショップ。
5年後どうなっていたいか、色々な角度から想像した後に、まず今日からできることを考えていきました*
 
f:id:colorfulnote:20170314083858j:image

最後は、『loveletter game』をしました!
隣の人の素敵だと思ったところや、メッセージなどをカードに書いて手渡してもらいました。

アンケートでは、『読んでみたい本がたくさん見つかった』『自分が大切にしたいことを改めて考えることができた』などの感想をいただきました。
一番嬉しかったのは『また企画してください』という一言。
 

思い切ってやりたいことを発信してみてよかったです!
またテーマを変えてブックイベント企画していきたいと思います。

***

I held a book event last Sunday at soholm cafe.

We introduced each favorite book and thought about ourselves after five years based on the book"Concept life".

I was very glad to hear participants thoughts of this event.
They said ...
・l could find interesting books in this event
・It was good to reevaluate myself and imagine future

I want to plan another book event with different theme near future!

言葉に触れる夜@葉ね文庫

f:id:colorfulnote:20170314081415j:image

 
先日、大阪・中崎町にある短歌・俳句・詩集の本屋「葉ね文庫」さんに行ってきました。
 
高校の頃、加藤千恵さんの短歌集「ハッピーアイスクリーム」に気持ちを見透かされたような気がして衝撃を受けてから、短歌はずっと身近な存在です。
5・7・5・7・7のたった31音だからこそ、表現の幅広さや、読み手に残された余白を楽しむことができます。
 
ただ、短歌や詩は大型書店でも小さくまとめられていることが多くて、なかなか読みたい本に出会えないこともあります。
なので、「葉ね文庫」さんの存在を知って本当に嬉しかったです♩
 
中崎町から歩くこと3分、レトロな「サクラビル」の1階に葉ね文庫さんはあります。
 
f:id:colorfulnote:20170314081454j:image
 
素敵な看板に、期待も膨らみます。
 
f:id:colorfulnote:20170314081530j:image
 
学校の教室のような入り口には、言葉がちりばめられていました。
靴を脱いで、中に入ります。
 
f:id:colorfulnote:20170314081623j:image
 
見事に短歌や詩だらけの本棚。
頭ではなく、感覚で言葉に触れられる空間に、気がつけば長い時間が過ぎていました。
 
壁の絵は、知り合いの画家さんが葉ね文庫さんの床を「空飛ぶじゅうたん」に見立てて、そこから見える風景を描いてくれたんだとか。
天井から吊るされていたリトルプレスやオブジェが、不思議でドリーミーな雰囲気を作っていました。
 
柔らかい雰囲気の店主さんもとても素敵な方でした*
「本屋さんをしたいと口に出したら、不思議と助けてくれる人が集まってきた」という話が印象的でした。
 
仕事を終えて、ふらっと寄り道すると、美術館に行ったような、遠くまで旅したような、そんな気分にさせてくれる本屋さんです。
 
***
"Hane Bunko" is book store located near to Nakazaki-cho station.
The book selection specializes in tanka, haiku, and poems.
 
Tanka is Japanese poem of thirty-one syllables.
I really love Tanka because of its variety of expression and space for imagination.
 
We can spend comfortable time at the store with enjoying beautiful Japanese words.
Its Interior design is so cute and dreamy.
I feel like I'm in museum or different city at this book store.

ブクブク交換@1003books

f:id:colorfulnote:20170314073319j:image

 
先週、神戸元町の1003さんで行われた「ブクブク交換」に参加してきました♩
 
「ブクブク交換」は、テーマに沿った本を持ち寄り、本にメッセージカードを挟んで、順番に紹介した後で、最後にそれぞれが欲しい本を指差していただくというもの。
 
今回のテーマは、「誰かにプレゼントしたい本」。
一口にプレゼントしたい本と言っても、自分が大好きな本を紹介された方、本に込められているメッセージを伝えるために紹介された方、この本が売れて欲しい!と思って紹介された方など、切り口が色々で面白かったです。
 
順番にそれぞれの本の紹介を聞く時間は、とても濃密でした。
選んだ理由や好きなフレーズなどの説明から、その人がどんな人なのか垣間見えて何だかドキドキしました。
 
f:id:colorfulnote:20170314073357j:image
 
私がいただいたのは、「青春18きっぷ」ポスター紀行。
書店員をされている方からの紹介でした。
「いつか旅に出たいという気持ちを盛り上げるために眺めてほしい」とのメッセージ通り、旅に行きたい気持ちがふつふつと湧いてきました。
まだ行ったことのない場所にこんなに素敵な景色があるなんて!と嬉しくなりました。
目的も持たず、お気に入りの本だけ持ってワンマン電車に飛び乗りたくなる一冊です。
 
f:id:colorfulnote:20170314073444j:image
 
知らない本や、新しい考え方に触れられて、すごくいいイベントでした!
1003さんでは定期的にイベントされているみたいです。
インテリアも置いてある本もすごく好きなので、私もいつか企画できたら嬉しいな〜と思っています*
 
***
 
I joined "book-book exchange"at 1003books last week.
 
We introduce each book selected along theme "Books I want to present someone".
 
Although it was short time, we could communicate deeply thorough books.
I felt each individuality by their book stories.
 
1003books is sophisticated secondhand book store.
I like its interior and book selections.
Someday I want to held book events there.

本と巡る神戸

f:id:colorfulnote:20170314072900j:image

 
神戸といえば、ポートタワーや異人館、おしゃれなカフェや中華街など思い浮かべる方が多いと思いますが、実は、素敵な本屋さんも充実しています。
 
このポートタワーが見える場所から歩いて15分の範囲内に、ざっと5つ以上は古本屋さんやブックカフェがあります。
 
今日は、その中から2つ紹介したいと思います♪
 
1つ目は、honeycomb BOOKS*さん。
阪急花隈駅から元町商店街へ向かう途中にあります。
 
f:id:colorfulnote:20170314072947j:image
 
この古本屋さん…とにかく女心をくすぐられます。
暮らしに関するエッセイや、ヨーロッパを中心とした紀行本、かわいらしい絵本、詩集などに加えて、アクセサリーやレターセットも置いてあります。
 
定期的に展示も行われていて、昨日はお花と人物の組み合わせが印象的な「SMALL PEOPLE」という展示が行われていました。
ここに来ると、いつも今まで知らなかった、心惹かれる本に出会えます。
 
今回は短歌のリトルプレスを購入しました。
ノートに書き留めておきたい短歌がたくさんです。
 
f:id:colorfulnote:20170314073016j:image
 
2つ目は、書庫バーさん。
地下鉄旧居留地・大丸駅からすぐの場所にあります。
 
f:id:colorfulnote:20170314073107j:image
 
百貨店や洋服屋さんが立ち並ぶ中、看板を頼りに小さなビルの2階へ上がっていくと、アートやデザインの本に囲まれたバーカウンターがあります。
 
窓の外の都会的な町並みを眺めながら考え事をしたり、装丁がきれいな本にうっとりしたり、お酒を飲みながら本のお話をしたり。
色々な過ごし方ができそうな場所です。
 
f:id:colorfulnote:20170314073127j:image
 
本とアート。本とお酒。
本は色々なものと相性がいいんだなぁと感じます。
 
観光やお買い物で神戸に来た際にふらりと立ち寄っていただけたら、きっと楽しい発見があると思います。
 
***
Today I introduce my favorite places in Kobe.
 
"honeycomb BOOKSTORE"is a secondhand book store located near Hanakuma station.
It has not only many book selections for women but also accessories and stationeries.
 
I always find fascinating books at this store.
We also enjoy exhibition there.
 
"Shoko bar"is a book bar located near Kyukyoryuchi-Daimaru station.
 
"Shoko" means book storage in Japanese.
We can enjoy both delicious drinks and beautiful art books!